環境への取り組みEcological activities

弊社は、地球環境の保全を目的とした環境配慮型の営業活動、業務活動をしております。

大豆油インキの使用

大豆油インキとは

印刷用インキに含まれる油の一部を、植物性大豆油に替えたものです。従来のオフセットインキに含まれている石油系溶剤は地下資源で、印刷中に蒸発し、光化学スモッグやシックハウスの原因となる揮発性有機化合物を含んでいます。
大豆油インキは、石油系より自然に還元する比率が高く、原料は毎年収穫ができるのでストックが可能。紙の繊維を損傷しにくくリサイクルしやすい、また発色も良いので鮮やかさを長く保つことができる、といった利点から、最近は大豆油インキを使った印刷物が急激に増え、弊社でも使用を推奨しています。

再生紙の利用励行

古紙のリサイクル

弊社では再生紙の利用によるCO2削減を提案しております。再生紙は用紙として使用した古紙を原料とした紙をリサイクルしてもう一度使用することです。
古紙に含まれるインキを抜く脱墨の工程を必要とするため、数年前は普通紙よりも経費はかかりましたが、現在は技術改革が進み、価格も安定してきました。急増する紙ごみ対策と森林保護のために採用する官庁や民間企業が増えています。

クールビズ・ウォームビズの励行

CO2排出とエネルギー問題

昨今の原油価格高騰や日本国内における電力等の供需要過多によるエネルギー問題に加え、エネルギー生成時によるCO2排出の削減などそれらの問題に対し向き合い、改善をすることが企業としての使命だと考えています。そのため弊社では夏季にはクールビズ、冬季にはウォームビズを励行し、電力等のエネルギーを無駄に消費しない企業経営をしています。